最新情報詳細

2015 年 04 月 09 日

「鴨川をどり」の演目のご紹介 (第1回目)

5月1日から始まる第178回「鴨川をどり」の演目を2回に分けて、ご紹介します。二部形式を採用している鴨川をどりでは、第一部は古典に着想を得た舞踊劇が披露され、第二部は踊りをメインにした純舞踊という構成になっています。今年の第一部のタイトルは「芙蓉西遊記(はなすがた・さいゆうき)」(全五場)。

経典を求めて天竺へ旅する三蔵法師一行の奇想天外なストーリーでおなじみの西遊記が下地となっています。花果山から誕生した石猿・孫悟空。西王母が育てる桃の実を食べてしまい岩山に封じ込められた悟空と、三蔵法師との出会い。猪八戒や沙悟浄といった魅力あふれる仲間の登場。立ちはだかる恐ろしい金角・銀角、妖しい色気をたたえた芙蓉女王と百合公主姉妹―。美しさとユーモアを交えながら、豪華な衣装に身を包んだ芸妓たちが、舞台を彩ります。

 

【チケット】
茶券付特別席1枚4,800円(5枚以上からの販売とさせて頂いております)。
当チケットでは舞台開始前に、芸妓、舞妓らのお点前をお楽しみ頂けます。お茶席には、開演分前までにお越し下さい。 花街は敷居が高いと感じておられる方。ぜひお誘い合わせの上、先斗町の舞台を一度お楽しみください。

 

【申し込み】
チケットの申し込みは、メール(ponto-cho.daiichi@zeus.eonet.ne.jp)か、電話(075-221-1938)で承ります。

 

1日3回公演ですので、鑑賞される日取りと、何回目の公演かをお決めください

 

お申し込み時に、チケット代金のお振り込み先をご案内させて頂きます。ご入金確認後、チケットを発送をさせて頂きます。 メールでのお申し込みの場合、確認とご連絡に時間を要することがございます。ご了承下さい。また、チケットは数に限りがございます。

 ↑ ページ上部に戻る