最新情報詳細

2015 年 08 月 02 日

秋の舞踊公演「水明会」のご案内

花街・先斗町の秋の風物詩として親しまれています舞踊公演「水明会(すいめいかい)」の日程と演目が決まりました。

日程:2015年(平成27年)10月15日~18日。
公演は毎日午後4時から。

 

会場:先斗町歌舞練場(京都市中京区先斗町三条下る)

料金:S席8,000円、A席7,000円、自由席3,000円

 

 

【演目】

①清元「青海波(せいがいは)」:島国・日本を象徴するように、海の景色を織り交ぜた品のある祝儀舞踊。季節の移ろいに合わせ、松島や三保の松原、天橋立などが登場します。多くの舞踊会ではおなじみの曲といえます。

②長唄「藤娘(ふじむすめ」):これも人気曲の一つ。藤の精とされるあでやかな娘が、変化に富んだ振りで舞台を彩ります。

③長唄「時雨西行(しぐれさいぎょう)」:旅を続ける西行法師は、雨を避けようと1軒の家に身を寄せます。家の主は遊女ですが、西行が目を閉じると彼女が菩薩に見えるという不思議なストーリー。

④常磐津「釣女(つりおんな)」:大名と家来が「お嫁さんが授かりますように」と神社で祈願。その後、釣りざおの糸を垂れると大名のさおには美女が、家来のさおには醜女がかかってしまうというなんともユーモアあふれる演目です。

 

 

【チケット】
後日掲載いたします。
2枚以上からの注文でおねがいいたします。

 

 

【申し込み】 チケットの申し込みは、メール(ponto-cho.daiichi@zeus.eonet.ne.jp)か、電話(075-221-1938)で承ります。

 

 

お申し込み時に、チケット代金のお振り込み先をご案内させて頂きます。ご入金確認後、チケットを発送をさせて頂きます。 メールでのお申し込みの場合、確認とご連絡に時間を要することがございます。ご了承下さい。また、チケットは数に限りがございます。

※お振り込み手数料、発送料はお客様のご負担でお願いしております。

 

10月から11月にかけて、先斗町はじめ、他の四花街でも秋の舞踊公演が開催されます。華やかで、にぎやかな雰囲気の春に対し、秋は芸妓・舞妓(先斗町では、芸妓だけが舞台に立ちます)が修練してきた技芸の成長を見ていただく場といえます。 とはいえ、堅苦しい公演では全くありません。春は花街や伝統芸の魅力を身近に感じていただき、秋には「もう一歩踏み込んで」、それらの世界の面白さに触れてもらえたらと思っております。 京都の魅力が際立つ春と秋。花街・先斗町の舞台で、深まりゆく秋の京都を感じてもらえたら。

 ↑ ページ上部に戻る