最新情報詳細

2015 年 04 月 15 日

「鴨川をどり」の演目のご紹介 (第2回目)

公演の第二部の説明をお送り致します。お目通しいただければ幸いです。

 

5月1日から始まる第178回「鴨川をどり」第二部のタイトルは、純舞踊「艶姿花挿櫛(しきくらべ はなのかんざし)」(全五景)です。

 

セリフを交えた第一部の舞踊劇とはかわり、四季の移ろいに合わせ、先斗町の芸妓・舞妓たちが踊りで舞台を彩ります。 先斗町にほど近い、京都・南座の師走の風物詩・顔見世興行で幕を開けます。新春の華やかな雰囲気から季節は変わり、京の夜空が赤く照らし出される五山送り火などを味わい、フィナーレは藤が咲き誇る初夏で迎えます。  四季を感じさせる色とりどりの鮮やかな色合いの衣装をまとった芸妓、舞妓たち。先斗町歌舞練場の舞台に、美しく爽やかな風が吹きます。

 

【チケット】
茶券付特別席1枚4,800円(5枚以上からの販売とさせて頂いております)。
当チケットでは舞台開始前に、芸妓、舞妓らのお点前をお楽しみ頂けます。お茶席には、開演分前までにお越し下さい。 花街は敷居が高いと感じておられる方。ぜひお誘い合わせの上、先斗町の舞台を一度お楽しみください。

 

【申し込み】
チケットの申し込みは、メール(ponto-cho.daiichi@zeus.eonet.ne.jp)か、電話(075-221-1938)で承ります。

 

1日3回公演ですので、鑑賞される日取りと、何回目の公演かをお決めください

 

お申し込み時に、チケット代金のお振り込み先をご案内させて頂きます。ご入金確認後、チケットを発送をさせて頂きます。 メールでのお申し込みの場合、確認とご連絡に時間を要することがございます。ご了承下さい。また、チケットは数に限りがございます。

 ↑ ページ上部に戻る